言うまでもなく投資とは、大切な資産を増やすために行うものです。しかし、現実の投資現場を見回してみると、資産が増えることもあれば減ってしまうこともあります。つまり、基本的に投資には元本保証はないのです。それゆえ、上手くいけば希望通り資産は増えますが、上手くゆかなければ増えないし、却って減ってしまうことになるのです。  分散投資というのは、そのような資産の減少リスクを回避するための有効な手段なのです。ですから投資の初心者には広くお勧めな手法です。しかし、とことんまで投資を極めたプロの投資家になってくると、分散投資しか行わないような人も非常に目立ちます。このように、初心者に最適な手法であると同時に、経験豊富なプロにとっても必須な手法であるのが分散投資なのです。  そのように考えると、「投資とは、分散投資に始まって分散投資に終わるものである」と言えます。それは結局、大切な資産を増やすためというよりも、まずは減らさないための重要な手法だということです。